ドル円。レンジ相場をひたすら徘徊中。やはり舵取りは〇〇〇。

無料読者並びに有料読者にお届けする情報詳細ドル円為替をメインに世界で起きているドル円の動きを取り巻く情報をまとめた日報をお届け!
YS@Investor and Trader 2022.05.17
有料限定

ご挨拶

読者の皆様、こんにちわ。

昨日より「YSの為替羅針盤」の情報発信形態を大きく変更致しました。

詳しくは下記の内容をご参考頂けますと幸いです。

今後とも、「YSの為替羅針盤」をよろしくお願い致します!

***

目次

  • (時間が無い人向け)昨日のドル円相場のポイント

  • 昨日のチェック項目

  • 昨日のドル円相場の特徴

  • 本日のドル円相場の予想

  • YSの勝手な思考コーナー

  • 今日のチェック項目

***

◆(時間が無い人向け)昨日のドル円相場のポイント◆

〇昨日のドル円は、米国株式市場の底堅い動きに加え、米金利が上昇した事により、NY時間引けから東京時間寄り付きにかけて上昇。

〇その後、米金利の下落と同時にドル円も急落。レンジ相場を形成。

〇ロンドン時間にフランスのビルロワドガロー総裁がユーロ安牽制発言。これによりドル円一時的に上昇。

〇ドル円は、方向性を見出せないまま上下運動を繰り返す。

〇本日、🇪🇺ユーロ圏22年第1四半期GDPの改定日。🇺🇸小売売上高、🇺🇸4月鉱工業生産・設備稼働率発表日。FRB当局者の発言にも注目。

◆昨日のチェック項目◆

特になし

◆昨日のドル円相場の特徴◆ 

週明け16日のドル円は、方向性を見出せないまま上下運動を繰り返しました。

16日早朝のNY時間、🇺🇸株式市場が底堅い動きを見せた事に加え、米金利が上昇スタートに始まり、その後上昇した事により、NY時間引けから東京時間寄り付きにかけてドル円は129.63円まで上昇しました。

しかし、東京時間か開始するとドル円は下落し始めます。要因は中国経済の失速にあると考察します。

・中国における新型コロナウイルスの感染脅威の拡大

(中国政府が行うゼロコロナ対策により、都市のロックダウンが長期化)

・上記要因により中国経済失速の懸念が拡大

(🇨🇳4月小売売上高、🇨🇳4月鉱工業生産が昨日発表されました。全てにおいて市場予想を大幅に下回る結果となりました。)

Yahooファイナンスより抜粋
Yahooファイナンスより抜粋
Yahooファイナンスより抜粋
Yahooファイナンスより抜粋

・中国市場を中心にアジア株の軟調推移

(リスク回避の円買い圧力が増加傾向)

ブルームバーグ(アジア太平洋株価指数)
ブルームバーグ(アジア太平洋株価指数)

これによりドル円は東京時間の午前に、この日の安値128.71円を記録しました。

しかし売りが一巡すると、いくつかの要素が相まりドル円は再び上昇を始めます。

・黒田総裁のハト派発言

(「金融緩和を粘り強く継続する」と発言。日米面目金利の乖離が目立ち、ドル高円安へ)

・日経平均株価の下げ止まり

・米金利の上昇に伴うドル買い圧力の上昇

ロンドン時間も東京時間と似た相場感を見せます。

・欧州株の底堅い動き

(ユーロ>ドルでユーロが優先的に買われる➡︎フランス中銀総裁の発言で直ぐ売られますが笑)

ブルームバーグ(欧州・中東・アフリカ株価指数)
ブルームバーグ(欧州・中東・アフリカ株価指数)

・フランス中銀のビルロワドガロー総裁によるユーロ安牽制発言

(「ECBはユーロの実効レートを注視している」「弱過ぎるユーロは物価安定の目標に反する」と発言。ユーロ売りの圧力が強まり、ドル売りも連られます)

これらの要因により、ドル円は東京時間の引けからNY時間朝方にかけて129.61円まで上昇します。

しかしNY時間に入ると、ドル円は再度下落します。

要因は以下2点と推測します。

・米5月ニューヨーク連銀製造業景気指数の冴えない結果

(結果▲11.6、予想15.0、前回24.6)

(中国の都市ロックダウンの影響によるもの)

・上記を背景とした米長期金利の急低下

これによりドル円は、再度129円を割る展開となりました。執筆中の現在は129.31円まで値を戻してますが、不安定な相場は今後も続きそうです。

***

◆本日のドル円相場の予想◆

先週に引き続きドル円は方向性を見出せない動きが続いています。

この記事は有料読者限定です

続きは、1619文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、有料登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちらからログイン

読者の方にはこんな内容を直接お届けしてます。

・投資の学び方が見つかる!
・過去の記事も読み放題
・毎週届き、いつでも配信停止可
・読みやすいレターデザイン
[2023.2.1]本日FOMC発表日。パウエル議長の発言に要注目!
誰でも
[2023.1.31]令和臨調の提言で下落を強めるもWSJがFOMCタ...
誰でも
[週報]先週の振り返りと今週の戦略
誰でも
[2023.1.27]ドル円、早くも来週FOMCを意識した調整相場か?...
誰でも
[2023.1.26]🇦🇺第4四半期消費者物価指数が33年ぶりの高水準...
誰でも
[2023.1.25]PMI好調でドル円大きく上昇するも動きは限定的。...
誰でも
[2023.1.24]共通担保資金の指値オペがドル円を130円台後半ま...
誰でも
[2023.1.23]先週(1/16 - 1/20)の振り返りと今週(...
誰でも