【週報】先週(8/8 - 8/12)の振り返りと今週(8/15 - 8/12)の戦略

ドル円相場を軸に今週起こった出来事や今押さえておくべきポイント。来週のチェックポイントをまとめた週報をお届け!
YS@Investor and Trader 2022.08.15
誰でも

読者の皆様、こんにちわ。

「YSの為替羅針盤」 では、世界のマーケットニュースを追いながら、為替(主にドル円)の動向を分かりやすく伝えております。

有料版では、日々の為替情報を伝える有料ニュースレターだけでなく、限定のチャットコミュニティを Discord で運営しております。時間単位でトレード進捗を伝えたり、質問にお答えしたりしています。

ディスコードの情報が最もホットな内容となります。

是非とも有料読者の方は、ご参加ください!

***

目次

  • 先週のドル円のポイント

  • 先週(8/8 - 8/12)の考察

  • 今週(8/15 - 8/19)の予想(有料会員共有)

***

◆先週のドル円のポイント◆

✅ ドル円、週明けに135.55円まで上昇するもCPI・PPIの鈍化結果に伴い、131.76円まで急落。

✅ しかし週末にかけて、米長期金利が反転上昇。FRB当局者もすぐにタカ派発言を行った事でドル円は133.50円まで値を戻す。

✅ ドル円は131.50円 ~ 135.50円の間4円をレンジとし、乱高下を繰り返す不安定な値動き。

✅ テクニカル的には、先週の安値130.43円を死守。下値は以前として堅い状況。

✅ ファンダメンタル的には、🇺🇸経済を巡るリセッション懸念をFRB当局者を筆頭に否定。投資家視点もやや後退?現在、株価が堅調に推移。

***

◆先週(8/8 - 8/12)の考察◆

今週のドル円は、週初に135.01円に寄り付いた後、早々に値を更新。初日に135.55円を記録しました。しかし週中に急落。週間安値131.76円を記録しました。

その後は、ショートーカバーの反発もあり、現在は133.50円前後を推移しています。

先週の動きを各要素から詳しく見て、今週の動向予想に活かしましょう!

各項目に対して時系列順に要因を箇条書きしております。下記マークを文初めに付けています。(ドル円をベースとしたものになります。)

📈:上昇要因マーク 📉:下降要因マーク 📈📉:レンジ相場の形成要因マーク
初:週初の出来事 中:週中の出来事 末:週後半から週末にかけて出来事

(例)〈初📉〉・・・週初の下落要因

🇯🇵日本側の要因

✅〈初📉〉「お盆入り」を控えた輸出企業を中心とするドル売り・円買い

🇪🇺欧州側の要因

✅ 欧州経済の先行き不透明感変わらず

✅ 🇮🇹を巡る政局不透明感変わらず

(🇮🇹の中道政党「アツィオーネ」が先日に合意した中道左派・民主党との選挙協力体制から早くも離脱)

〈中📉〉🇷🇺ガスプロム社による「ウクライナ経由で欧州へガスを供給し続ける」との楽観的発表

(エネルギー危機を巡る過度な悲観論が後退)

🇺🇸米国の要因

✅〈中📉〉サンフランシスコ連銀デイリー総裁のハト派発言

「次回FOMCは50bp利上げがベースライン」

✅〈末📈〉FRB当局者(シカゴ連銀エバンス総裁や、ミネアポリス連銀カシュカリ総裁)によるタカ派的な発言

「CPIやPPIの結果だけでインフレピークアウトと判断するのは時期尚早。」

⬇︎

🇺🇸長期金利が反転上昇

📊投機勢の要因

✅〈中📉〉CPIの結果を受けて、投機筋が大きく反応。

予想値で指標結果は下げが織り込まれており、発表でもそこまで大きな数値の乖離はなかったのにドル円は急落。(正直、下げすぎかなと......。)

🗞発表された指標結果による要因

✅〈初📈〉先日発表された7月🇺🇸雇用統計が力強い結果によ理、9月のFOMCは大幅利上げが再燃観測

(🇺🇸長期金利が上昇した事で日米の名目金利差が拡大→ドル買い・円売り)

〈中📉〉7月の🇺🇸インフレ指標(CPI・PPI)の伸び率鈍化

消費者物価指数 ➡︎ 結果:8.5% 予想:8.7% 前回:9.1%(前年同月比)
消費者物価コア指数 ➡︎ 結果:5.9% 予想:6.1% 前回:5.9%(前年同月比)

生産者物価コア指数 ➡︎ 結果:7.6% 予想:7.7% 前回:8.4%(前年同月比)

⬇︎

FRBによる大幅利上げ観測が後退した事で米長期金利低下。これにより米ドルが大きく売られる。

💣突発的要因

✅ 長期金利の乱高下に伴ったドル円の乱高下

***

◆今週(8/15 - 8/19)の予想◆

有用会員特典のディスコードにて共有しております!

皆様のご参加。お待ちしております!

***

YSと投資を学ぶニュースレター

・投資の学び方が見つかる!
・過去の記事も読み放題
・毎週届き、いつでも配信停止可
・読みやすいレターデザイン
歴史的大相場。1日で2円急伸するも5.5円の大急落。(2022/9/2...
誰でも
FRBは予定通りFF金利を75bp上昇。どうなる日銀金融決定会合?(2...
誰でも
ドル円、数日間続いた142.50円〜143.50円のコアレンジ相場を上...
誰でも
方向性が見出せないドル円。水曜日が分岐点か?(2022/9/19)
誰でも
【週報】先週(9/12 - 9/16)の振り返りと今週(9/19 - ...
誰でも
日米欧のそれぞれの立場がドル円の方向性を鈍らせる。(2022/9/15...
誰でも
ドル円高値から2.5円急落。日本は為替介入できるのか?(2022/9/...
誰でも
インフレピークアウト説を覆したCPI結果。ドル円は僅か1時間で2.8円...
誰でも