イールドカーブの小さな変化は株価に大きく変化する。

インフレは続くのか!?今後の株価動向のキーマンですね。物事を予想する時、皆さんは何に縋りますか?今日は過去の実績に縋ってみましょう。
YS@Investor and Trader 2021.10.18
有料限定

皆さん、こんにちわ。コロナによるアジア諸国の都市封鎖・ロックダウンにより半導体の需要に対し供給が追いついていません。生活の糧である半導体の供給不足は経済成長の足枷になります。(詳しくは前回の記事を参照してください)

また供給できる半導体が限られている事から、製造のエネルギー源である原油の価格が上昇。原油は食料品から生活物販の全てに関わる資源なので、全てのモノの価格が上がるのは必然。インフレ率の上昇です。経済成長に足枷を抱えながらのインフレ率の上昇(スタグフレーション)が懸念されています。

この記事は有料読者限定です

続きは、2671文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、有料登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちらからログイン

読者の方にはこんな内容を直接お届けしてます。

・投資の学び方が見つかる!
・過去の記事も読み放題
・毎週届き、いつでも配信停止可
・読みやすいレターデザイン
歴史的大相場。1日で2円急伸するも5.5円の大急落。(2022/9/2...
誰でも
FRBは予定通りFF金利を75bp上昇。どうなる日銀金融決定会合?(2...
誰でも
ドル円、数日間続いた142.50円〜143.50円のコアレンジ相場を上...
誰でも
方向性が見出せないドル円。水曜日が分岐点か?(2022/9/19)
誰でも
【週報】先週(9/12 - 9/16)の振り返りと今週(9/19 - ...
誰でも
日米欧のそれぞれの立場がドル円の方向性を鈍らせる。(2022/9/15...
誰でも
ドル円高値から2.5円急落。日本は為替介入できるのか?(2022/9/...
誰でも
インフレピークアウト説を覆したCPI結果。ドル円は僅か1時間で2.8円...
誰でも