半導体不足はどのようにして起きたのか?根源は何か?

世界中で半導体不足によるサプライチェーンのボトルネックが大問題になってます。これによりモノの価格が上がり、原油やコモディティが上がる始末です。当然ながらモノの価格が上がると国民の消費率が落ちます。11月はテーパリングが控えてます。なぜ半導体は不足したのでしょうか?
YS@Investor and Trader 2021.10.11
有料限定

読者の皆さん。おはようございます!

米国は債務上限を12月3日まで引き上げましたね。債務上限論争はいつものやつなんですが、歴史上類を見ない数量の国債をコロナ禍で刷ったので、流石に今回は個人的には注目してましたが、まぁいつものやつでした。とりあえず12月まで米国の地政学リスクは小休憩ですね。

(債務上限問題については前回の記事に詳しく書いたのでそちらを参考にして下さい!)

この記事は有料読者限定です

続きは、2870文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、有料登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちらからログイン

読者の方にはこんな内容を直接お届けしてます。

・投資の学び方が見つかる!
・過去の記事も読み放題
・毎週届き、いつでも配信停止可
・読みやすいレターデザイン
歴史的大相場。1日で2円急伸するも5.5円の大急落。(2022/9/2...
誰でも
FRBは予定通りFF金利を75bp上昇。どうなる日銀金融決定会合?(2...
誰でも
ドル円、数日間続いた142.50円〜143.50円のコアレンジ相場を上...
誰でも
方向性が見出せないドル円。水曜日が分岐点か?(2022/9/19)
誰でも
【週報】先週(9/12 - 9/16)の振り返りと今週(9/19 - ...
誰でも
日米欧のそれぞれの立場がドル円の方向性を鈍らせる。(2022/9/15...
誰でも
ドル円高値から2.5円急落。日本は為替介入できるのか?(2022/9/...
誰でも
インフレピークアウト説を覆したCPI結果。ドル円は僅か1時間で2.8円...
誰でも