【週報】先週(4/11 - 4/15)の振り返りと今週(4/18 - 4/22)の予想と戦略

ドル円相場を軸に先週起こった出来事や今押さえておくべきポイント。来週のチェックポイントをまとめた週報をお届け!
YS@Investor and Trader 2022.04.17
読者限定

繰り返しのご挨拶

有料読者の皆様、こんにちわ。

繰り返しになりますが、5月9日より「YSの為替羅針盤」は情報発信の内容や形態を大きく変更致します。

詳しくは下記の内容をご参考いただけますと、幸いです。以前から既存の読者様も一時強制解約させて頂きます。

ご継続頂ける場合は、再登録の程、よろしくお願い致します。

(有料読者の方に提供する情報がまとまりました!下記内容を更新しておりますので、今一度ご確認のほど、よろしくお願いいたします!)

***

◆先週と今週のドル円のポイント◆

〇今週のドル円は週初から週中にかけて、黒田ライン突破後の様子を伺う場面があるも、週末にかけて2約20年ぶり高値となる126.68円まで急伸

〇日銀の円安許容姿勢とFRBのタカ派姿勢は強調を増すばかり。日米名目金利の拡大が強固になる。

〇ECB理事会にてラガルド総裁がハト派姿勢へ転換。ユーロ経路のドル買い圧力強。

〇ドル円のテクニカル的地合いは極めて強い、ファンダメンタルもドル高・円安トレンドの継続の材料は増すばかり。

〇来週の予想レンジ:125.50円 - 127.70円

***

◆先週(4/11 - 4/15)の考察◆

今週のドル円は、週初早々に週間安値124.00円まで下落しました。しかし上昇トレンドライン下限で跳ね返り、ボックス相場を上下後、週末には約20年ぶり高値となる126.68円まで急伸しました。今週の流れを確認していきましょう!

週初

週初早々、週間安値124.00円まで下落したドル円はその後、黒田ラインを目指す力強い上昇を見せました。ドル円上昇の材料が多く揃ってる中で、材料に強みが増した事でドル円は黒田ライン(125.86円)を簡単に突破していきました。

材料増加の要因は以下5点と考察します。

・黒田総裁のハト派発言

「必要なら躊躇なく追加緩和」

・日銀大阪支店長および日銀名古屋支店長の円安容認発言

「円安は全体的にプラス」

・米3月の消費者物価指数の良結果

(結果+8.5%、予想+8.4%、※前年比)(1981年12月以来、約40年4ヵ月ぶり高水準)

・FRBブレイナード理事のタカ派発言

(前回よりはややハト派寄りのタカ派発言)

「6月にバランスシート縮小に着手する可能性がある」

・黒田ラインとして意識されていた125.86円の突破したことによる投機筋の仕掛け買い

(ドル買い・円売り)

***

週中

ドル円が黒田ラインを突破したことで、政府当局者たちが動きはじめます。

・鈴木財務相、松野官房長官による円安牽制発言

「悪い円安と言える。大変問題である。」

・投機筋の黒田ライン突破による心理的レジスタンスの調整による戻り売り圧力増加

これによりドル円は、週形成のレンジ相場(125.10円 - 125.60円)の下限まで下落していきます。しかし、ドル円上昇の材料が豊富であるため、ドル円は再び上昇を見せます。

***

週末

ドル円は週末にかけて、週間高値を記録しました。週末は欧州市場からのユーロからドルの動きが特に強かったです。米経済指標(米4月のミシガン大学消費者信頼感指数良好(結果65.7、予想59.0))も力強い結果を出しました。

特に下の2点はドル円の上昇に大きな影響を与えました。

・米長期金利の爆進

(米10年債利回りは2018年12月以来となる2.83%へ急上昇)

・原油先物価格の急上昇

(貿易収支悪化に伴う円売り圧力)

これにより、ドル円は週末にかけて、約20年ぶり高値となる126.68円まで急伸しました。

***

◆今週(4/18- 4/22)の予想◆

ドル円はわずか3ヵ月弱で13.21円上昇するなど、歴史的な急騰劇を繰り広げてます。

この記事は無料で続きを読めます

続きは、1571文字あります。
  • ◆今週(4/18 - 4/22)の戦略◆

すでに登録された方はこちらからログイン

こんな内容をニュースレターでお届けします。

・投資の学び方が見つかる!
・過去の記事も読み放題
・毎週届き、いつでも配信停止可
・読みやすいレターデザイン
歴史的大相場。1日で2円急伸するも5.5円の大急落。(2022/9/2...
誰でも
FRBは予定通りFF金利を75bp上昇。どうなる日銀金融決定会合?(2...
誰でも
ドル円、数日間続いた142.50円〜143.50円のコアレンジ相場を上...
誰でも
方向性が見出せないドル円。水曜日が分岐点か?(2022/9/19)
誰でも
【週報】先週(9/12 - 9/16)の振り返りと今週(9/19 - ...
誰でも
日米欧のそれぞれの立場がドル円の方向性を鈍らせる。(2022/9/15...
誰でも
ドル円高値から2.5円急落。日本は為替介入できるのか?(2022/9/...
誰でも
インフレピークアウト説を覆したCPI結果。ドル円は僅か1時間で2.8円...
誰でも