[2022.12.14]CPIショック再来!ドル円3円超の大下落。本日はFOMC....

❶ 11月のCPIの結果によりドル円134.68円まで急落
❷ ショートカバー働くのも上値は限定的。135円半ばに推移
❸ 200日移動平均線割り込みが再び発生。地合いは極めて弱い状況へ
❹ 本日はFOMCとパウエル議長の会見
YS@Investor and Trader 2022.12.14
誰でも

目次

  • 昨日のチェック項目

  • 昨日のドル円相場の特徴

  • 今日のチェック項目

  • 本日のドル円相場の予想

***

◆昨日のチェック項目◆

🇺🇸11月消費者物価指数

(結果:7.1% 予想:7.3% 前回:7.7% ※前年比)

🇺🇸11月消費者物価コア指数

(結果:6.0% 予想:6.1% 前回:6.3% ※前年比)

***

◆昨日のドル円相場の特徴◆

13日(火)のドル円は大暴落となりました。

先週末の金曜日に発表された🇺🇸11月PPI、🇺🇸12月ミシガン大消費者信頼感指数の市場予想を上回った結果によるドル円の上昇は継続。火曜日の日本時間も継続していたものの心理的節目138円の壁を越える事はできませんでした。

その後、🇺🇸11月のCPI発表に向けてドル円ポジションの調整が図られます。

注目されたCPIですが、結果は市場予想を下回るものとなりました。

🇺🇸11月消費者物価指数(結果:7.1% 予想:7.3% 前回:7.7% ※前年比)
🇺🇸11月消費者物価コア指数(結果:6.0% 予想:6.1% 前回:6.3% ※前年比)

上記の結果を受け、米長期金利が急低下。為替市場はCPIショックが起きました。

CPIショックが発生した事で、米利上げペース鈍化期待がマーケットで再燃。それにより債券が買われ、米10年債利回りが3.61%から3.43%へ。0.2%の急低下を見せる。株式市場への資金流入は限定的でした。ロングポジションを持つ短期筋もロスカットが横行。心理的節目137円、136円、135円の壁を相次いで下方ブレイクしていきました。

その後、ショートカバーが働き、135.50円前後に推移するも、マーケットはショート重視の大勢です。

***

◆今日のチェック項目◆

・FOMC(含むドットチャート)

・パウエルFRB議長記者会見

***

◆本日のドル円相場の予想◆

詳しい情報はディスコードで共有しております。ディスコードは有料会員サービスとなります!

YSと投資を学ぶニュースレター

・投資の学び方が見つかる!
・過去の記事も読み放題
・毎週届き、いつでも配信停止可
・読みやすいレターデザイン
[2023.2.3]ドル円は冴えない動き継続中。本日の雇用統計発表でト...
誰でも
[2023.2.2]パウエル議長はタカ派スタンスを見せるも市場は事前予...
誰でも
[2023.2.1]本日FOMC発表日。パウエル議長の発言に要注目!
誰でも
[2023.1.31]令和臨調の提言で下落を強めるもWSJがFOMCタ...
誰でも
[週報]先週の振り返りと今週の戦略
誰でも
[2023.1.27]ドル円、早くも来週FOMCを意識した調整相場か?...
誰でも
[2023.1.26]🇦🇺第4四半期消費者物価指数が33年ぶりの高水準...
誰でも
[2023.1.25]PMI好調でドル円大きく上昇するも動きは限定的。...
誰でも