スイスフランショックは予想ができた!?スイスフランショックが起きるまでの背景とその後。

金融ショックには2種類あります。突発的に起こるものと、限界に耐えられずに起こるものです。為替市場で起きたショックのなかで直近で起こったスイスフランショック。それはどんなショックだったのか?
YS@Investor and Trader 2021.11.22
有料限定

読者の皆さん、こんにちわ!

今から6年ほど前の2015年1月15日、為替市場でスイスフランの価値が急上昇する事件(スイスフランショック)が起きました。わずか50分でドル円においては100円から70円まで一気に円高になりました。為替市場ではとても有名な事件です。

FX界隈では、損切り設定をしてるのに、実行されない事象が多発しました。FX会社のサーバがダウンした為です。損切りだけでなくロスカットの実行もされませんでした。サーバが復旧する頃、トレーダーたちは多大な損失額を請求をされ、多くの被害が出ました。

この記事は有料読者限定です

続きは、3225文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、有料登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちらからログイン

読者の方にはこんな内容を直接お届けしてます。

・投資の学び方が見つかる!
・過去の記事も読み放題
・毎週届き、いつでも配信停止可
・読みやすいレターデザイン
歴史的大相場。1日で2円急伸するも5.5円の大急落。(2022/9/2...
誰でも
FRBは予定通りFF金利を75bp上昇。どうなる日銀金融決定会合?(2...
誰でも
ドル円、数日間続いた142.50円〜143.50円のコアレンジ相場を上...
誰でも
方向性が見出せないドル円。水曜日が分岐点か?(2022/9/19)
誰でも
【週報】先週(9/12 - 9/16)の振り返りと今週(9/19 - ...
誰でも
日米欧のそれぞれの立場がドル円の方向性を鈍らせる。(2022/9/15...
誰でも
ドル円高値から2.5円急落。日本は為替介入できるのか?(2022/9/...
誰でも
インフレピークアウト説を覆したCPI結果。ドル円は僅か1時間で2.8円...
誰でも