テクニカルリセッションによるドル円下落をFRB当局者が全戻し!利上げ発言にドル円、2円動く!(2022/8/2)

無料読者並びに有料読者にお届けする情報詳細ドル円為替をメインに世界で起きているドル円の動きを取り巻く情報をまとめた日報をお届け!
YS@Investor and Trader 2022.08.03
有料限定

目次

  • 昨日のドル円相場の早見表

  • 昨日のチェック項目

  • 昨日のドル円相場の特徴

  • 今日のチェック項目

  • 本日のドル円相場の予想

***

◆昨日のドル円相場の早見表◆

○ドル円、米経済のリセッション懸念などからアジア時間朝方にかけて安値130.43まで急落

○その後、米当局者による相次ぐタカ派発言を支援材料に、米国時間午後にかけて高値133.19まで急伸

○ユーロドル、米中対立激化懸念などが重石となり1.0164まで急落、上値の重い展開

○ドル円、心理的節目130.00を死守、テクニカル的に地合いは崩れていないと判断

○ファンダメンタルズ的、テクニカル的、ポジション的にも上がりやすくなっていると推測

○米長期金利などの動向を睨みながらも、ドル円相場の上昇をメインシナリオとして予想

***

◆昨日のチェック項目◆

✔︎ シカゴ連銀エバンス総裁発言

「0.5%が妥当だ」「インフレ指標が上振れすれば9月は0.75%の利上げになる可能性もある」

◆昨日のドル円相場の特徴◆

2日のドル円は急落後に急反発する動きを見せました。

✔︎ 🇨🇳経済の先行き不透明感が増加

(7/31に発表された🇨🇳7月の製造業PMI、8/1に発表された🇨🇳7月の財新製造業PMIが不冴な結果)

✔︎ 🇺🇸経済のリセッション懸念絶えず

(4-6月期GDP速報値がマイナスだった事により、🇺🇸2四半期連続のマイナス成長)

✔︎ 🇺🇸長期金利の急低下

(10年債利回りは2.52%まで急落)

上記3点を背景にドル円は下落傾向にありました。

しかしこの日の東京時間にて、

✔︎ 🇺🇸ペロシ下院議長の台湾訪問に端を発した🇺🇸🇨🇳の対立が激化

(これにより世界的なリスク回避ムード突入により、株式市場が下落。リスク回避の円買い圧力上昇)

東京時間朝方に、ドル円は安値130.43円まで急落しました。

しかしNY時間に入ると、動きは一変します。

きっかけはFRB当局者によるタカ派発言。(どちらかというとハト派寄りの人たちのタカ派発言が相次ぐ)

サンフランシスコ連銀デイリー総裁:「インフレ抑制を目的としたFRBの取り組みは達成にはまだ程遠い」「FRBは断固として完全に一致団結している」

シカゴ連銀エバンス総裁:「インフレ状況が改善しなければ次回9月FOMCでの75bp利上げが視野に入ってくる」

クリーブランド連銀メスター総裁:「インフレがまだピークに達しておらずFRBはさらなる取り組みを行う必要がある」

これにより🇺🇸長期金利が急上昇。🇺🇸10年債利回りは2.52%から2.77%へ急上昇しました。

一方の🇺🇸ペロシ下院議長ですが、日本時間22時30分に無事に台湾に到着。本日午後に🇹🇼蔡英文総統と共同記者会見が開催されます。

これによりドル円はNY時間の午後にかけて、133.19円を記録。一気に2円以上の上昇しました。

***

この記事は有料読者限定です

続きは、527文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、有料登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちらからログイン

読者の方にはこんな内容を直接お届けしてます。

・投資の学び方が見つかる!
・過去の記事も読み放題
・毎週届き、いつでも配信停止可
・読みやすいレターデザイン
欧州通貨の需要拡大によりドル売り圧力が上昇。ドル円145円突破が難しい...
誰でも
🇬🇧BOEのサプライズ報道に為替市場はポンド買いが集中!資産現金化需要...
誰でも
🇺🇸金利上昇するも、ドル円相場は円買い介入の警戒強し。145円は分岐点...
誰でも
🇬🇧トラス氏の動きにBOEがメス!日本は次の為替介入を実行できるか?(...
誰でも
【週報】先週(9/19 - 9/23)の振り返りと今週(9/26 - ...
誰でも
歴史的大相場。1日で2円急伸するも5.5円の大急落。(2022/9/2...
誰でも
FRBは予定通りFF金利を75bp上昇。どうなる日銀金融決定会合?(2...
誰でも
ドル円、数日間続いた142.50円〜143.50円のコアレンジ相場を上...
誰でも