[2022.11.28]先週(11/21 - 11/25)の振り返りと今週(11/28 - 12/3)の見通し

❶ ドル円、週明けに142.26円まで上昇するも週後半に138.07円まで急落する場面あり。
❷ 米経済指標の不甲斐ない結果がリセッション懸念を増大。FOMC議事要旨もハト派的内容が目立つ状況
❸ ドル円チャートは強い売りシグナルが点灯中。テクニカル的に地合いは悪化中。
❹ ファンダメンタル的にも米利上げペースの鈍化がマーケットでは観測される。
YS@Investor and Trader 2022.11.28
誰でも

お知らせ

いつもYSの為替羅針盤をご愛読頂きありがとうございます。 11月よりYSの為替羅針盤(有料版)が新体制に変わります。

今まで少しずつ調整を行なってきました。体制が確立したので、この場でご報告させて頂きます。 

〈利用料〉💡月額1,000円 

(退会頂いた方は、退会月の翌月月初に退会処理をさせて頂きます)

〈サービス内容〉

🚨サービスは全てディスコード内で共有しております。

💡月曜日〜金曜日の日報に対する個人的考察を共有(質疑等歓迎) ➡︎ 質疑は質問部屋へ投降お願いします。

💡月末の土曜日にgoogle meetingにて月報形式でトレンドの流れを音声共有(質疑応答あり)

💡投機的な大きな要因が発生した時のトレード情報共有(随時) ➡︎ 雑談部屋で行われます。事前に 報告・その他部屋で告知致します。

***

目次

  • 先週(11/21 - 11/25)の振り返り

  • 今週(11/28 - 12/4)の予想

***

先週(11/21 - 11/25)の振り返り

今週のドル円は週初から週中にかけて大きく上昇しました。

・ FRB米当局者の相次ぐタカ派発言

(FRBメンバーが強気の発言をする事で経済指標の影響で下がったドル円もショートカバーが強まる)

・円キャリートレードが再開した事

(10月CPIの結果が悪くてもFEDメンバーがタカ派スタンスを弱めない事で投機筋が活発にロングに入る)

・🇨🇳新型コロナウイルスの感染再拡大により都市ロックダウン懸念が再発した事でリスク回避のドル買い圧力が上昇する

(株安→ドル買い)

・FRB当局者のハト派スタンスからタカ派スタンスへの転換(逆も然り)

サンフランシスコ連銀デイリー総裁による「インフレは容認できないほど高い」

・短期筋の大規模ロスカット

これらが材料となり、ドル円は週中に高値142.26円を記録しました。

しかし、格付会社ムーディーズによる利上げに対してハト派的見解が発表されて以降、ドル円は週末にかけて下落し始めます。

他にも経済指標の発表が不甲斐ない結果を発表。

・🇺🇸11月リッチモンド連銀製造業景気指数(結果:▲9 予想:▲8)

・🇺🇸新規失業保険申請件数(結果:24.0万件 予想:22.4万件)

・🇺🇸11月製造業PMI(結果:47.6 予想:50.2)

・🇺🇸11月非製造業PMI(結果:46.1 予想:48.1)

これにより米金利はさらに低下。ドル売り圧力が上昇します。(米10年債利回りは週末には3.65%まで急低下)

金曜日に発表されたFOMC議事要旨ではハト派的見解が注目されました。

「大多数の当局者が利上げペースの減速が近く適切になると認識」

「急速な利上げによるリスク増大を認識」

以上のことが米国のリセッション懸念を再浮上させた事により、ドル円の下落は続き、週間安値138.07円を記録しました。

その後ショートカバーが働くも上値は限定的であり、下落トレンドは続いています。

***

今週(11/28 - 12/4)の予想

10/21に記録した高値151.95円から11/24に記録した138.07円までの反落チャートを見るに、ドル売り・円買いが鮮明化してきましたね。

・一目均衡表(日足)における転換線と基準線のクロス

・一目均衡表雲上限が破られ、雲下限も下に突破

・強い売りシグナルを示唆する三役逆転が成立

テクニカル的には、目先134円に位置する200日移動平均線とのタッチを目指す動きになると予想しています。

ファンダメンタル的にみても、その材料が揃っています。(以下詳細)

・米利上げペースの鈍化が強く予想される材料が揃っている事

(CPI、PPIの鈍化)

(相次ぐ米経済指標の不冴な結果)

(FOMC議事要旨はハト派スタンス)

・米長期金利低下に伴うドルインデックスの急低下

(米10年債利回りは3.65%へ急低下)

(ドルインデックスは105台へ)

・中間選挙結果によるねじれ議会がドル高容認スタンスを緩和

(共和党が金融緩和抑制を公約に入れている事から、ドルの価値を下げようとする狙いが議会に生まれる)

以上の事から、YSの為替羅針盤ではドル円の続落をメインシナリオと想定します。

今週は、いよいよパウエル議長の発言と雇用統計が控えています。今週もボラティリティが激しくなる週となりそうですね!

***

YSと投資を学ぶニュースレター

・投資の学び方が見つかる!
・過去の記事も読み放題
・毎週届き、いつでも配信停止可
・読みやすいレターデザイン
[2023.2.3]ドル円は冴えない動き継続中。本日の雇用統計発表でト...
誰でも
[2023.2.2]パウエル議長はタカ派スタンスを見せるも市場は事前予...
誰でも
[2023.2.1]本日FOMC発表日。パウエル議長の発言に要注目!
誰でも
[2023.1.31]令和臨調の提言で下落を強めるもWSJがFOMCタ...
誰でも
[週報]先週の振り返りと今週の戦略
誰でも
[2023.1.27]ドル円、早くも来週FOMCを意識した調整相場か?...
誰でも
[2023.1.26]🇦🇺第4四半期消費者物価指数が33年ぶりの高水準...
誰でも
[2023.1.25]PMI好調でドル円大きく上昇するも動きは限定的。...
誰でも