[2023.1.16]先週(1/9 - 1/13)の振り返りと今週(1/16 - 1/20)の戦略

❶ 先週のドル円は週中に132.88円まで上昇するも、週末にかけて127.46まで急落。
❷ 読売新聞の金融緩和副作用点検報道により、大口投資家が空売りに動いたのが急落要因。
❸ 本邦10年物の国債利回りが0.5%突破。日米金利差拡大。
❹ ドル円、わずか3ヵ月弱で24.49円の大暴落。
❺今週は1/17ー18の日銀金融政策決定会合要注目!
YS@Investor and Trader 2023.01.16
誰でも

お知らせ

いつもYSの為替羅針盤をご愛読頂きありがとうございます。 11月よりYSの為替羅針盤(有料版)が新体制に変わります。

今まで少しずつ調整を行なってきました。体制が確立したので、この場でご報告させて頂きます。 

〈利用料〉💡月額1,000円 

(退会頂いた方は、退会月の翌月月初に退会処理をさせて頂きます)

〈サービス内容〉

🚨サービスは全てディスコード内で共有しております。

💡月曜日〜金曜日の日報に対する個人的考察を共有(質疑等歓迎) ➡︎ 質疑は質問部屋へ投降お願いします。

💡投機的な大きな要因が発生した時のトレード情報共有(随時) ➡︎ 雑談部屋で行われます。事前に 報告・その他部屋で告知致します。

***

目次

  • 先週(1/9 - 1/13)の振り返り

  • 今週(1/16 - 1/20)の予想

***

先週(1/9 - 1/13)の振り返り

今週のドル円は、週初から週中にかけて上昇するも、週末にかけて大きく下落していきました。

・先々週に発表された雇用統計による🇺🇸12月の平均時給が鈍化傾向にあった事。

(結果:+4.6% 予想:+5.0% 前回:+4.8%)

・🇺🇸12月ISM非製造業景況指数が景気判断の分岐点50を割れた事

(結果:49.6 予想:55.1 前回:56.5)

上記の要因によりドル円の上昇に大きな力はありませんでした。市場はどのタイミングでショートを仕掛けようかと悩む動きの印象を受けました。

その後、

・NY連銀の1年後の期待インフレ率の低下

(結果:5.0% 前回:5.2%)

・読売新聞社によるサプライズ報道🔥🔥🔥

「日銀が1/17ー1/18の金融政策決定会合で大規模金融緩和の副作用を点検する」と報道。これによりイールドカーブコントロールの更なる修正観測がマーケットに浮上し10年国債利回りが許容上限の0.5%を突破。円キャリートレード逆流により対主要通貨で円買いが加速。

上記の要因に加えて、

・🇺🇸12月消費者物価指数が6ヶ月連続鈍化

(結果:+6.5% 予想:+6.5% 前回:+7.0%)コア(結果:+5.7% 予想:+5.7% 前回:+6.0%)

これらが要因となり米金利が大きく低下。ドル売り円買い圧力が上昇します。(特に円買いは強かったです。)

これらの事から、週末にかけてドル円は127.46円を記録しました。

FRB当局者もかなり強気のタカ派発言を行っているものの、ドル円の動きは限定的でした。

やはり注目は日銀の動向なんでしょうね。

***

今週(1/16 - 1/20)の振り返り

ドル円は昨年10/21に記録した151.95円から下落に転じ、先週は約7カ月半ぶりの安値127.46円を記録しました。(3ヵ月弱で24.49円の暴落劇です)

現在のチャートでも、ドル円は一目均衡表における三役逆転を成立させています。

テクニカル的地合いは極めて弱いと判断できます。短期筋の見立てとしては、次の直近の強いサポートライン126.36円。これを突破するかどうかが試されます。

ファンダメンタル的にも、

・インフレ鈍化を背景とするFRBの早期利下げを織り込む展開がやや浮上。

・日銀による金融緩和の追加修正観測(日本経済新聞社、読売新聞社がサプライズ報道実施)

以上を踏まえ、当方はドル売り・円買いトレンドが王道のメインシナリオと予想します。

さて、今週は1/17ー1/18に開催される日銀金融政策決定会合。これがメインイベントとなるでしょう。

日銀の会合がメインイベントとなるのは久しぶりですね。

状況をおさらいしておきましょう!

まず、昨年末12/31に日本経済新聞社が1発目のサプライズ報道を行いました。

「日銀は1/17ー1/18の会合で物価見通しを上方修正すると共に政策修正に動く可能性がある」

続きまして、先週に読売新聞社が2発目のサプライズ報道を行いました。

「日銀が1/17ー1/18の金融政策決定会合で大規模金融緩和の副作用を点検する」

これにより海外のヘッジファンドが強気の円買い&空売りを実施しました。

上記により、今会合では何かしらのサプライズが出るとみていた方が安全と思われます。

ポジション取りは事実が出てからでも遅くないでしょうね。

***

YSと投資を学ぶニュースレター

・投資の学び方が見つかる!
・過去の記事も読み放題
・毎週届き、いつでも配信停止可
・読みやすいレターデザイン
[2023.2.3]ドル円は冴えない動き継続中。本日の雇用統計発表でト...
誰でも
[2023.2.2]パウエル議長はタカ派スタンスを見せるも市場は事前予...
誰でも
[2023.2.1]本日FOMC発表日。パウエル議長の発言に要注目!
誰でも
[2023.1.31]令和臨調の提言で下落を強めるもWSJがFOMCタ...
誰でも
[週報]先週の振り返りと今週の戦略
誰でも
[2023.1.27]ドル円、早くも来週FOMCを意識した調整相場か?...
誰でも
[2023.1.26]🇦🇺第4四半期消費者物価指数が33年ぶりの高水準...
誰でも
[2023.1.25]PMI好調でドル円大きく上昇するも動きは限定的。...
誰でも