[2023.3.3]🇺🇸10年債利回りは4%台を突破!ドル円は心理的節目137円を突破!

①ドル円は米国時間朝方にかけて137.10円を記録し直近最高値を更新。米長期金利が大きく上昇した事、4Qの労働コストが上昇した事、米新規失業保険申請件数が良好だった事が背景
② 日銀は当面金融政策の修正はないとの見方。ドル円のサポートライン強い。
YS@Investor and Trader 2023.03.03
誰でも

目次

  • 昨日のチェック項目

  • 昨日のドル円相場の特徴

  • 今日のチェック項目

  • 本日のドル円相場の予想

***

◆昨日のチェック項目◆

・米新規失業保険申請件数( 02/12 - 02/18)

[前週比]

結果:19.2万件 予想:19.9万件 前回:19.4万件(前回改定値:19.5万件)

[継続受給者数]

結果:165.5万件 予想:166.7万件 前回:165.4万件(前回改定値:166.0万件)

・FRBウォラー理事講演

「雇用と消費が好調継続なら、FRBは想定以上の利上げが必要だ」

***

◆昨日のドル円相場の特徴◆

2日(木)のドル円は年初来高値を更新しました。

日本時間早朝からドル円は上昇を始めました。

日本時間の日中は以下2点が注目されました。

・高田日銀審議委員のハト発言(「現行の大規模な金融緩和を続ける必要がある」)

・米長期金利の急上昇(米10年物利回りが4%台に再突入)

米国時間においては、

10ー12月期(4Q)の労働コストが上昇。新規失業保険申請件数も良好だったことにより、米長期金利の上昇は止まりません。

これらの圧力によりドル円は心理的節目である137円の壁を突破。137.10円の直近最高値を記録しました。

しかし米国時間午後にかけて調整が入り、ドル円は136円半ば前後を現在推移しています。

***

◆今日のチェック項目◆

・🇺🇸2月非製造業PMI確報値

・🇺🇸2月ISM非製造業総合指数

・FRB当局者の発言

(ダラス連銀ローガン総裁)

(アトランタ連銀ボスティック総裁)

(FRBボウマン理事)

(リッチモンド連銀バーキン総裁)

***

◆本日のドル円相場の予想◆

詳しい情報はディスコードで共有しております。ディスコードは有料会員サービスとなります!

・投資の学び方が見つかる!
・過去の記事も読み放題
・毎週届き、いつでも配信停止可
・読みやすいレターデザイン

すでに登録済みの方は こちら

サポートメンバー限定
日銀会合後の上げ幅調整。続落リスクに要警戒の12月最後のドル円動向。
サポートメンバー限定
日銀金融決定会合後にドル円に大きなボラティリティ発生を予想!
サポートメンバー限定
FOMCがドル円の次の分岐点。その詳細をテクニカルとファンダで解説。
誰でも
2023年のベストバイストック!
サポートメンバー限定
米金利低下でドル円急落。下値は145円か!?
サポートメンバー限定
感謝祭明けのドル円の動きは両方あり得る!なぜか??
サポートメンバー限定
年初来高値更新後に反落。ドル円は反発するのか?それとも.....。
サポートメンバー限定
政府・日銀は為替介入を実行できるのか?