【週報】先週(10/24 - 10/28)の振り返りと今週(10/31 - 11/4)の戦略

❶ 先週のドル円、最高値149.70円、最安値145.11円
❷ 日銀は依然として金融緩和継続のハト派スタンス
❸ ECB理事会にて75bpの大幅利上げを行うも声明文並びにラガルド総裁の記者会見から欧州の利上げ鈍化観測が見受けられる
❹ 明日から開催されるFOMCに要注視。
YS@Investor and Trader 2022.10.31
誰でも

お知らせ

いつもYSの為替羅針盤をご愛読頂きありがとうございます。 11月よりYSの為替羅針盤(有料版)が新体制に変わります。

今まで少しずつ調整を行なってきました。体制が確立したので、この場でご報告させて頂きます。 

〈利用料〉💡月額1,000円 (退会頂いた方は、退会月の翌月月初に退会処理をさせて頂きます)

〈サービス〉🚨サービスは全てディスコード内で共有しております。

💡月曜日〜金曜日の日報に対する個人的考察を共有(質疑等歓迎) ➡︎ 質疑は質問部屋へ投降お願いします。

💡月末の土曜日にgoogle meetingにて月報形式でトレンドの流れを音声共有(質疑応答あり)

💡投機的な大きな要因が発生した時のトレード情報共有(随時) ➡︎ 雑談部屋で行われます。事前に 報告・その他部屋で告知致します。

***

目次

  • 先週(10/24 - 10/28)の振り返り

  • 今週(10/31 - 11/4)の予想

***

◆先週(10/24 - 10/28)の振り返り◆

先週のドル円は、週初から以下の材料により149.70円まで上昇しました。

・先週末金曜日の大暴落の反発

(🇺🇸WSJニック記者のハト派的な発言)

(日銀の為替介入)

・本邦個人投資家および輸入企業の構造的な円売りドル買い 

etc

しかし心理的節目150円を超えることは出来ず、日銀の為替介入観測や🇺🇸経済指標の冴えない結果により、米金利が急低下。これによりドル売り圧力が一気に上昇した事で、ドル円は145.11円まで急落しました。

しかし

・ ECB理事会にて75bpの大幅利上げを行うも声明文並びにラガルド総裁の記者会見が利上げ鈍化観測

・第3四半期🇺🇸GDP速報値の力強い結果

日銀の金融緩和継続スタンス

・🇺🇸10月PCEデフレータの高止まり

・🇺🇸長期金利のV字回復

これらが支援材料となり、ドル円は147.40円前後まで持ち直しました。

***

◆今週(10/31 - 11/4)のドル円相場の予想◆

今週は大きな動きが考えられますので、詳しい情報はディスコードで共有しております。本日もドル円のアップサイドリスク並びにダウンサイドリスクに注意していきましょう。

ディスコードは有料会員サービスとなります!

YSと投資を学ぶニュースレター

・投資の学び方が見つかる!
・過去の記事も読み放題
・毎週届き、いつでも配信停止可
・読みやすいレターデザイン
[2022.11.30]不安定な動きが続くドル円。本日のパウエル議長講...
誰でも
[2022.11.26]FRB当局者怒、涛のタカ派発言によりドル円急上...
誰でも
[2022.11.28]先週(11/21 - 11/25)の振り返りと...
誰でも
[2022.11.25]感謝祭でもボラティリティの高いドル円。ブラック...
誰でも
[2022.11.24]PMI予想下回り。FOMC議事要旨もハト派色を...
誰でも
[2022.11.23]🇺🇸格付会社ムーディーズが利下げ時期を示唆。現...
誰でも
[2022.11.22]FRB当局者のタカ派スタンスにドル需要高騰。1...
誰でも
[2022.11.21]先週(11/14 - 11/18)の振り返りと...
誰でも