インフレと円安の関係

✅ どうしてインフレは円安を招くのか?
✅ 良いインフレと悪いインフレ
✅ 転換点は……
✅ YSの個人的見解
YS@Investor and Trader 2022.03.21
有料限定

読者の皆さん、おはようございます!

モノやサービス、全体の値段が継続的に上がっていくことをインフレーション、略してインフレといいますよね!

今から2年前にコロナウイルスの感染が経済危機を引き起こしました。アメリカは第二のリーマンショックを起こすまいと、天文学的数値の資金を民間市場にばら撒き、「頼むからお金を使ってくれ!」と言わんばかりの大盤振る舞いを行ってきました。

その結果、現在世界的なインフレ状態。ロシア・ウクライナの戦争によりエネルギー価格が上昇したことで、更にインフレ率は上昇しました。

インフレになると、これまでと同じ生活を続けていくために、これまでよりもたくさんのお金が必要になります。

インフレになると、外貨との交換の比率である為替レートは円安に動きやすくなります。海外

今回は、インフレと円安の関係について見ていきたい思います!

***

どうしてインフレは円安を招くのか?

インフレが進むと、為替は円安に動きやすくなります。

その理由は、インフレになってモノの値段が上がると相対的にお金の価値が下がるからです!

例えば、これまで1,000円で買えたものが、1,200円に値上がりしたとします。同じものを買うためにたくさんのお金を払うので、円の価値は下がっているといえます。円の価値が下がると、円と外貨を交換するときの比率である為替レートにおいても円の価値が下がるため、円安の原因になります。

逆に、円安がインフレを招くこともあります!!

円安になると、海外では日本の製品が安くなり買いやすくなります。海外を相手に商売をしている自動車メーカーなどは日本に対し大きな利益をもたらします。

輸出が増えて企業の業績が上がると景気が良くなります。景気がよくなると、給料が上がり、モノがよく売れてインフレが起きやすくなる訳ですね!

***

良いインフレと悪いインフレ

インフレには、良いインフレと悪いインフレがあります!

良いインフレとは、先ほど紹介した事例になります。景気が良くて物価が上がるインフレです。景気が良いと、モノがよく売れますから、需要が供給を上回り、モノの値段が上がりインフレになります。

景気が良い時は、給与も上がりやすいため、モノの値段が上がっても、それほど気にならないかもしれません。

一方、悪いインフレはどのようなものを指すでしょうか?

代表例は原材料の値上がりです!モノを作るための費用が高くなり、その結果モノの値段が上がるインフレです。

日本は食品をはじめたくさんのモノを輸入しています。円安により輸入材料の値段が上がれば、その分、企業のコストは増え、利益は減ります。

給与は増えていないのに、企業が利益を上げるために商品の値段を上げると、生活は圧迫されてしまいます。それを避けるために日本の企業は材料費の質を落としたり、分量を減らしたりと企業努力を行っています。

ですので、スーパーに行った時、野菜等は値段が上がっていても、加工品の値段はそれほど上がっていないのが分かります。

今起きている世界のインフレは良いインフレでしょうか?悪いインフレでしょうか?これを判断するのは難しいですよね。世界経済を引くアメリカを見てみましょう!

この記事は有料読者限定です

続きは、1178文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、有料登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちらからログイン

読者の方にはこんな内容を直接お届けしてます。

・投資の学び方が見つかる!
・過去の記事も読み放題
・毎週届き、いつでも配信停止可
・読みやすいレターデザイン
歴史的大相場。1日で2円急伸するも5.5円の大急落。(2022/9/2...
誰でも
FRBは予定通りFF金利を75bp上昇。どうなる日銀金融決定会合?(2...
誰でも
ドル円、数日間続いた142.50円〜143.50円のコアレンジ相場を上...
誰でも
方向性が見出せないドル円。水曜日が分岐点か?(2022/9/19)
誰でも
【週報】先週(9/12 - 9/16)の振り返りと今週(9/19 - ...
誰でも
日米欧のそれぞれの立場がドル円の方向性を鈍らせる。(2022/9/15...
誰でも
ドル円高値から2.5円急落。日本は為替介入できるのか?(2022/9/...
誰でも
インフレピークアウト説を覆したCPI結果。ドル円は僅か1時間で2.8円...
誰でも