ドル円、驚異の伸びにより心理的節目を次々突破。(2022/9/6)

無料読者並びに有料読者にお届けする情報詳細ドル円為替をメインに世界で起きているドル円の動きを取り巻く情報をまとめた日報をお届け!
YS@Investor and Trader 2022.09.07
誰でも

目次

  • 昨日のドル円相場の早見表

  • 昨日のチェック項目

  • 昨日のドル円相場の特徴

  • 今日のチェック項目

  • 本日のドル円相場の予想

***

◆昨日のドル円相場の早見表◆

❶ドル円、心理的節目である141円、142円、143円の壁を次々に突破。米国時間午後に143.07円を記録する。

❷ 米10年債利回りは一気に3.35%までの急上昇。世界的なドル需要さらに高まる。

❸ テクニカル的にもファンダメンタル的にもドル円極めて強い状況

***

◆昨日のチェック項目◆

・3連休明けの米国市場の動向

時間外の先物市場は上昇傾向にあったが、引けの株価は軟調推移。為替市場はドル需要が拡大。

・🇺🇸8月総合PMI確報値

(結果:44.6 予想:45.0 前回:45.0)

・🇺🇸8月ISM非製造業総合指数

(結果:56.9 予想:55.1 前回:56.7)

***

◆昨日のドル円相場の特徴◆

6日(火)のドル円は大幅上昇しました。

東京時間午前のドル円は、

✔︎ 株式市場の堅調な推移(リスク選好の円売り圧力上昇)

✔︎ 日本と他国の金融政策の格差拡大(円独歩安の状態)

上記2点の要因から下値が堅く上昇傾向にありました。

大きく動き始めたのは日本時間の午後。この日、🇦🇺RBAが従前の予想通り0.5%の利上げを実施。その後、強気の声明を発表しました。

これにより豪ドル買い 円売り圧力が一時的に上昇。ドル円もこの流れに引っ張られました。

上昇は止まらず直近の高値である140.80円を突破。これにより仕掛け的なドル買い・円売りが入り、ドル円上昇は加速します。

欧州時間は、ECB理事会の控え(今週9/8に予定されているECB理事会は大幅利上げ観測)から、ユーロ需要が上がり、ドル円はレンジ相場を形成しますが一時的なものでした。

✔︎ 🇩🇪7月の製造業受注が冴えない結果

(結果▲13.6%、予想▲13.4%、前回▲9.0%、※前年比)

✔︎ 🇩🇪10年債利回り低下に伴うユーロ売り圧力の上昇

✔︎ 🇷🇺ガスプロム社のノルドストリーム1の停止継続

欧州経済の先行き不安懸念が止むことはなく、ユーロ経由、円経由のドル買い圧力が強まります。

米国時間では、

✔︎ 8月のISM非製造業景況指数が好結果

(結果:56.9、予想:55.1 前回:56.7)

✔︎ 米金利上昇に伴うドル買い圧力の上昇

(米10年債利回りは3.35%まで急上昇)

以上のことからドル円は東京時間から米国時間にかけて、心理的節目の141円、142円、143円を突破し、本日最高値143.07円を記録しました。

◆今日のチェック項目◆

・🇺🇸7月貿易収支やベージュブック

・クリーブランド連銀メスター総裁講演

・FRBブレイナード副議長講演

・FRBバー副議長講演

◆本日のドル円相場の予想◆

現在、ドル円はレジスタンスラインが無い青天井状態です。

リアルタイムに近づけるため、しばらくはディスコードにて共有させていただきます。本日もドル円のアップサイドリスクに注意していきましょう!

詳しくはディスコードにて!!

(ディスコードは有料読者専用のサービスになります)

YSと投資を学ぶニュースレター

・投資の学び方が見つかる!
・過去の記事も読み放題
・毎週届き、いつでも配信停止可
・読みやすいレターデザイン
歴史的大相場。1日で2円急伸するも5.5円の大急落。(2022/9/2...
誰でも
FRBは予定通りFF金利を75bp上昇。どうなる日銀金融決定会合?(2...
誰でも
ドル円、数日間続いた142.50円〜143.50円のコアレンジ相場を上...
誰でも
方向性が見出せないドル円。水曜日が分岐点か?(2022/9/19)
誰でも
【週報】先週(9/12 - 9/16)の振り返りと今週(9/19 - ...
誰でも
日米欧のそれぞれの立場がドル円の方向性を鈍らせる。(2022/9/15...
誰でも
ドル円高値から2.5円急落。日本は為替介入できるのか?(2022/9/...
誰でも
インフレピークアウト説を覆したCPI結果。ドル円は僅か1時間で2.8円...
誰でも