米国市場休場な中、エネルギー価格急上昇。ドル円高値圏推移。(2022/9/5)

無料読者並びに有料読者にお届けする情報詳細ドル円為替をメインに世界で起きているドル円の動きを取り巻く情報をまとめた日報をお届け!
YS@Investor and Trader 2022.09.06
有料限定

目次

  • 昨日のドル円相場の早見表

  • 昨日のチェック項目

  • 昨日のドル円相場の特徴

  • 今日のチェック項目

  • 本日のドル円相場の予想

***

◆昨日のドル円相場の早見表◆

❶ 世界のドル買い圧力上昇。ドル円は米国時間の朝方に140.66円まで上昇

❷ 欧州エネルギー危機の懸念が拡大。ユーロドル、0.99ドル台を割る状況

❸ 米国のドル高容認方針がドル円の下値をサポート

***

◆昨日のチェック項目◆

特になし

***

◆昨日のドル円相場の特徴◆

週明け5日のドル円は底堅い動きを見せました。

日本時間の朝方、ドル円は安値140.08円まで下げるも、NY時間にかけて上昇。

✔︎ 心理的節目である140円を突破した事による価格の下支え

✔︎ ゴトー日要因に絡むドル買い需要の高まり

✔︎ 対欧州通貨(特にユーロとポンド)でドル買い圧力が上昇

🇷🇺ガスプロム社によるノルドストリーム1の無期限停止発表
ユーロ圏のエネルギー危機への警戒感が急上昇
ECB理事会を控えた警戒感によるポジション調整(欧州経済が懸念だらけなのにECB理事会で大幅利上げ観測中)

✔︎ OPEC+が原油原産を発表(インフレ上昇懸念が拡大)

上記の点からアジアと欧州でドル需要が上昇。ドル円はこの日の高値140.66円を記録しました。

米国市場は休場であり、その後の大きな動きは見受けられませんでした。

***

◆今日のチェック項目◆

・3連休明けの米国市場の動向

・🇺🇸8月総合PMI確報値

・🇺🇸8月ISM非製造業総合指数

***

◆本日のドル円相場の予想◆

この記事は有料読者限定です

続きは、1168文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、有料登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちらからログイン

読者の方にはこんな内容を直接お届けしてます。

・投資の学び方が見つかる!
・過去の記事も読み放題
・毎週届き、いつでも配信停止可
・読みやすいレターデザイン
[2023.2.3]ドル円は冴えない動き継続中。本日の雇用統計発表でト...
誰でも
[2023.2.2]パウエル議長はタカ派スタンスを見せるも市場は事前予...
誰でも
[2023.2.1]本日FOMC発表日。パウエル議長の発言に要注目!
誰でも
[2023.1.31]令和臨調の提言で下落を強めるもWSJがFOMCタ...
誰でも
[週報]先週の振り返りと今週の戦略
誰でも
[2023.1.27]ドル円、早くも来週FOMCを意識した調整相場か?...
誰でも
[2023.1.26]🇦🇺第4四半期消費者物価指数が33年ぶりの高水準...
誰でも
[2023.1.25]PMI好調でドル円大きく上昇するも動きは限定的。...
誰でも