上昇と急落と繰り返すドル円(2022/10/3)

❶ ドル円の最高値145.30円、最安値144.15円。
❷ 🇺🇸9月のISM製造業景況指数は冴えない結果。🇺🇸長期金利は急低下。
❸ 以前として日銀の為替介入の警戒感は強い。
YS@Investor and Trader 2022.10.04
誰でも

目次

  • 昨日のチェック項目

  • 昨日のドル円相場の特徴

  • 今日のチェック項目

  • 本日のドル円相場の予想

***

◆昨日のチェック項目◆

・FRB当局者の発言

リッチモンド連銀バーキン総裁:「インフレが悪化するリスクに備える必要」

ニューヨーク連銀ウィリアムズ総裁:「インフレは依然として高過ぎる。FRBの仕事は終わっていない」

***

◆昨日のドル円相場の特徴◆

週明け3日(月)のドル円は急伸と急落を見せました。

・日米金融政策格差を背景としたドル買い・円売り

・心理的節目の145円突破に伴うショート勢のストップ買い

上記2点が材料となり、ドル円は145.30円まで上昇しました。

しかし未だ根強く残る日銀の為替介入への警戒にロング勢がストップ売り。

欧州時間から米国時間には、

・クレディ・スイスを巡る破綻危機への警戒感が上昇。

(クレジット・デフォルト・スワップのスプレッドが急拡大)

クレジットデフォルトスワップは簡単に言えば市場が破綻すると思うほど高くなるデリバティブです。

・🇺🇸9月のISM製造業景況指数が冴えない結果

(結果:50.9 予想:52.2 前回:52.8)

・🇺🇸長期金利の急低下

(米10年債利回りは3.58%まで急低下)

これらが要因となりドル円は144.16円まで下落しました。

その後、FRB当局者の発言により金利は下げ止まり、ドル円は再び上昇に向くも……。

(FRB当局者の発言)

リッチモンド連銀バーキン総裁:「インフレが悪化するリスクに備える必要」

ニューヨーク連銀ウィリアムズ総裁:「インフレは依然として高過ぎる。FRBの仕事は終わっていない」

To be continued

***

◆今日のチェック項目◆

・🇺🇸8月製造業受注

・🇺🇸8月耐久財受注

・🇺🇸8月JOLT雇用動態調査

・FRB当局者の発言

(ダラス連銀ローガン総裁発言)

(ニューヨーク連銀ウィリアムズ総裁発言)

(FRBジェファーソン理事発言)

(サンフランシスコ連銀デーリー総裁発言)

***

◆本日のドル円相場の予想◆

詳しい情報はディスコードで共有しております。本日もドル円のアップサイドリスク並びにダウンサイドリスクに注意していきましょう。

ディスコードは有料会員サービスとなります!

YSと投資を学ぶニュースレター

・投資の学び方が見つかる!
・過去の記事も読み放題
・毎週届き、いつでも配信停止可
・読みやすいレターデザイン
[2022.11.30]不安定な動きが続くドル円。本日のパウエル議長講...
誰でも
[2022.11.26]FRB当局者怒、涛のタカ派発言によりドル円急上...
誰でも
[2022.11.28]先週(11/21 - 11/25)の振り返りと...
誰でも
[2022.11.25]感謝祭でもボラティリティの高いドル円。ブラック...
誰でも
[2022.11.24]PMI予想下回り。FOMC議事要旨もハト派色を...
誰でも
[2022.11.23]🇺🇸格付会社ムーディーズが利下げ時期を示唆。現...
誰でも
[2022.11.22]FRB当局者のタカ派スタンスにドル需要高騰。1...
誰でも
[2022.11.21]先週(11/14 - 11/18)の振り返りと...
誰でも