ドル円、150円目前。日銀の覆面介入は火に油を注ぐだけ。(2022/10/19)

❶ドル円、米国時間の午後にかけて149.90円まで上昇
❷ 🇺🇸10年債利回りが約14年3ヵ月ぶりの高値4.12%まで急上昇
❸ 🇪🇺経済の先行き懸念に加え、🇷🇺🇺🇦問題が更に深刻化。有事のドル円需要が強まる。
❹ 日銀は為替介入をどう操作するのか?
YS@Investor and Trader 2022.10.20
誰でも

目次

  • 昨日のチェック項目

  • 昨日のドル円相場の特徴

  • 今日のチェック項目

  • 本日のドル円相場の予想

***

◆昨日のチェック項目◆

***

◆昨日のドル円相場の特徴◆

19日のドル円は堅調な値動きを見せました。

日本時間の午前中、政府並び日銀当局者が円安牽制の発言が相次ぎました。

岸田首相:「適度な変動に適切な対応を取らなくてはならない」
鈴木財務相:「財務官とは頻繁と連絡を取っている」
黒田総裁:「行き過ぎた円安に対し介入したことは大変適切」

これにより日銀の為替介入実施の警戒感が強まり、ドル円は緩やかなレンジ相場を形成しました。

しかし午後にかけて介入懸念は後退。ドル円は上昇を始めます。

・ドル円の地合いの力強さ

🇪🇺経済の先行き懸念上昇。🇷🇺🇺🇦問題が更に深刻化する事で、「有事のドル円買い」に拍車がかかる。

・🇺🇸長期金利の上昇

米10年債利回りは約14年3ヵ月ぶり高水準となる4.12%まで上昇

・FRB当局者のタカ派発言

ミネアポリス連銀カシュカリ総裁:「金融当局がインフレに過剰反応することに伴うリスクよりも、インフレ抑制に向けた行動が少な過ぎるリスクの方が大きい」「インフレに取り組まないことのコストは、私の考えでは受け入れがたいコストだ」

これにより米国時間午後にかけて、ドル円は約32年2ヵ月ぶりの高値149.90円をまで上昇しました。

***

◆今日のチェック項目◆

・🇺🇸10月フィラデルフィア連銀景況指数

・🇺🇸新規失業保険申請件数

・🇺🇸9月中古住宅販売件数

・🇺🇸9月景気先行指数

・ブラックアウト期間突入前のFRB当局者発言

(フィラデルフィア連銀ハーカー総裁、ジェファーソン理事、クック理事、ボウマン理事)

***

◆本日のドル円相場の予想◆

詳しい情報はディスコードで共有しております。本日もドル円のアップサイドリスク並びにダウンサイドリスクに注意していきましょう。

ディスコードは有料会員サービスとなります!

YSと投資を学ぶニュースレター

・投資の学び方が見つかる!
・過去の記事も読み放題
・毎週届き、いつでも配信停止可
・読みやすいレターデザイン
[2022.11.30]不安定な動きが続くドル円。本日のパウエル議長講...
誰でも
[2022.11.26]FRB当局者怒、涛のタカ派発言によりドル円急上...
誰でも
[2022.11.28]先週(11/21 - 11/25)の振り返りと...
誰でも
[2022.11.25]感謝祭でもボラティリティの高いドル円。ブラック...
誰でも
[2022.11.24]PMI予想下回り。FOMC議事要旨もハト派色を...
誰でも
[2022.11.23]🇺🇸格付会社ムーディーズが利下げ時期を示唆。現...
誰でも
[2022.11.22]FRB当局者のタカ派スタンスにドル需要高騰。1...
誰でも
[2022.11.21]先週(11/14 - 11/18)の振り返りと...
誰でも