🇬🇧BOEのサプライズ報道に為替市場はポンド買いが集中!資産現金化需要は依然として継続中。(2022/9/28)

❶ 🇬🇧中銀は長期国債の無制限買入実行を発表。
❷ドル円、145円の上値を抜けられない。日銀の介入介入への警戒感根強い。
❸ ECB当局者の利上げに対するタカ派発言は更なる強気姿勢へ
YS@Investor and Trader 2022.09.29
誰でも

目次

  • 昨日のチェック項目

  • 昨日のドル円相場の特徴

  • 今日のチェック項目

  • 本日のドル円相場の予想

***

◆昨日のチェック項目◆

なし

***

◆昨日のドル円相場の特徴◆

28日のドル円は下落基調の動きとなりました。

日米金融政策の方向性の違いにより派生するドル高、円安の影響により、昨日のドル円は日本時間朝方にかけて144.87円まで上昇するも145円を突破する事は本日もありませんでした。

・財務省並びに日銀による追加の円買い介入への警戒感

・短期筋によるチャートの心理的動向によるポジション調整

(145円をトップに警戒感が強まっているため、ドル円が145円に近づくとロングポジションが手仕舞いされる動きが目立つ)

これらが現在のドル円市場に根強く残っています。

欧州時間が本格的に動き出した頃、ドル円は大きく下落します。

・🇬🇧中銀の長期国債買入れ再開のサプライズ報道

(🇬🇧債券の利回りは急低下。🇺🇸10年債利回りもこれに連られ4.01%から3.70%へ下げました。)

・ECB当局者の強気のタカ派スタンス

ECBラガルド総裁の発言「インフレ期待を抑制できない状況を許さないという強いシグナルを出す必要がある」「今後数カ月は利上げを継続するだろう」
ECBレーン専務理事の発言「ECBは10月会合で0.50%か0.75%の利上げを実施する可能性」

これにより為替市場は、ポンド買いが集中。🇺🇸金利が下落した事でドルからポンドへの流入も見られた事でドル円は143.91円まで下落しました。

***

◆今日のチェック項目◆

・🇺🇸4月から6月にかけてのGDP確報値

・🇺🇸新規失業保険申請件数

・セントルイス連銀ブラード総裁講演

・クリーブランド連銀メスター総裁発言

・サンフランシスコ連銀デーリー総裁講演

***

◆本日のドル円相場の予想◆

詳しい情報はディスコードで共有しております。本日もドル円のアップサイドリスク並びにダウンサイドリスクに注意していきましょう。

ディスコードは有料会員サービスとなります!

YSと投資を学ぶニュースレター

・投資の学び方が見つかる!
・過去の記事も読み放題
・毎週届き、いつでも配信停止可
・読みやすいレターデザイン
[2022.11.30]不安定な動きが続くドル円。本日のパウエル議長講...
誰でも
[2022.11.26]FRB当局者怒、涛のタカ派発言によりドル円急上...
誰でも
[2022.11.28]先週(11/21 - 11/25)の振り返りと...
誰でも
[2022.11.25]感謝祭でもボラティリティの高いドル円。ブラック...
誰でも
[2022.11.24]PMI予想下回り。FOMC議事要旨もハト派色を...
誰でも
[2022.11.23]🇺🇸格付会社ムーディーズが利下げ時期を示唆。現...
誰でも
[2022.11.22]FRB当局者のタカ派スタンスにドル需要高騰。1...
誰でも
[2022.11.21]先週(11/14 - 11/18)の振り返りと...
誰でも