ドル円、140円の壁突破。24年ぶりの高値圏突入!(2022/9/1)

無料読者並びに有料読者にお届けする情報詳細ドル円為替をメインに世界で起きているドル円の動きを取り巻く情報をまとめた日報をお届け!
YS@Investor and Trader 2022.09.02
有料限定

目次

  • 昨日のドル円相場の早見表

  • 昨日のチェック項目

  • 昨日のドル円相場の特徴

  • 今日のチェック項目

  • 本日のドル円相場の予想

***

◆昨日のドル円相場の早見表◆

❶ 🇺🇸経済指標の好結果が140円の壁突破に拍車が掛かり、米国時間午後にかけてドル円は140.23円まで上昇。

❷ 一方、🇪🇺は欧州経済先行き不透明感が拭えず、ユーロ売りドル買い圧力上昇。ユーロドルは再び0.9912ドルまで急落。

❸ドル円約24年ぶりの高値圏に突入。買いシグナルは複数点灯し、地合いはとても強い状況。

❹ 本日は🇺🇸8月の雇用統計発表。

***

◆昨日のチェック項目◆

・🇺🇸新規失業保険申請件数

(結果:23.2万件 予想:24.8万件 前回:23.7万件)

・🇺🇸8月製造業PMI確報値

(結果:51.5 予想:51.3 前回:51.3)

・🇺🇸8月ISM製造業景況指数

(結果:52.8 予想:52.0 前回:52.8)

・🇺🇸7月建設支出

(結果:-0.4% 予想:0.0% 前回:-1.1%)

・アトランタ連銀ボスティック総裁講演

「現在のインフレ率がFRBの目標である2%には程遠い」「我々は経済を減速させる必要がある」

➡︎最初に減速する分野は金利敏感セクターとの事

***

◆昨日のドル円相場の特徴◆

9月最初のドル円は大幅上昇となりました。

東京時間朝方は前日の米国相場の流れを継いで上昇するも、東京時間の昼から欧州時間朝方にかけて下落しました。

・日経平均株価の冴えない動きによりリスク回避の円買い圧力上昇

・米金利低下に伴うドル売り圧力上昇

・対オフショアでの人民元買いドル売り圧力の上昇(7営業日連続で人民元高)

上記3点が大きな要因と思考します。しかし、売りが一巡するとドル円は反発。

・欧州経済の先行き不透明感が高まる中での次回ECB理事会で75bp利上げ観測(ユーロ売りドル買い圧力上昇)

・🇷🇺ガスプロム社によるノルドストリーム1の稼働が再度停止

(天然ガスの価格が急上昇し、欧州圏のインフレが更に加速する不安が高まる)

これら2点が要因となり、欧州株式市場は冴えない動きとなります。

・パリティ割れを再度引き起こした事で、ユーロ売り・ドル買いに仕掛け的な流れが生まれてしまう。

欧州がそんな状況下の中、米国時間にかけて🇺🇸経済指標が好結果を連発させる。

・米新規失業保険申請件数👍

(結果:23.2万件 予想:24.8万件 前回:23.7万件)

・4ー6月期非農業部門労働生産性改定値👍

(結果:▲4.1% 予想:▲4.5% 前回:▲4.6%)

・8月製造業PMI改定値👍

(結果:51.5 予想:51.3 前回:51.3)

・🇺🇸8月ISM製造業景況指数👍

(結果:52.8 予想:52.0 前回:52.8)

経済指標の好結果を受けて、米長期金利は再び3.2%台まで急上昇。

(米10年債利回りは6/21以来の高水準となる3.29%へ)

上記背景から、ドル需要が世界的に高まりドル円急上昇。

米国時間午後にかけて、約24年ぶり高値となる140.23円を記録。心理的節目である140円を突破しました。

***

この記事は有料読者限定です

続きは、620文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、有料登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちらからログイン

読者の方にはこんな内容を直接お届けしてます。

・投資の学び方が見つかる!
・過去の記事も読み放題
・毎週届き、いつでも配信停止可
・読みやすいレターデザイン
[2023.2.3]ドル円は冴えない動き継続中。本日の雇用統計発表でト...
誰でも
[2023.2.2]パウエル議長はタカ派スタンスを見せるも市場は事前予...
誰でも
[2023.2.1]本日FOMC発表日。パウエル議長の発言に要注目!
誰でも
[2023.1.31]令和臨調の提言で下落を強めるもWSJがFOMCタ...
誰でも
[週報]先週の振り返りと今週の戦略
誰でも
[2023.1.27]ドル円、早くも来週FOMCを意識した調整相場か?...
誰でも
[2023.1.26]🇦🇺第4四半期消費者物価指数が33年ぶりの高水準...
誰でも
[2023.1.25]PMI好調でドル円大きく上昇するも動きは限定的。...
誰でも