🇺🇸JOLTS労働力調査の悪化がトリガーに。ドル円、下落トレンド続く。(2022/10/4)

❶ 🇺🇸指標の不甲斐ない結果により🇺🇸長期金利が低下。ドル円も144円を割る状況。
❷ 🇺🇸金利が低下する中、欧州株式市場が堅調推移。ドル売り・ユーロ買い圧力上昇。一時パリティ割り回復
❸ ドル円は以前として上値が重い。
❹ 本日はADP雇用統計。
YS@Investor and Trader 2022.10.05
誰でも

目次

  • 昨日のチェック項目

  • 昨日のドル円相場の特徴

  • 今日のチェック項目

  • 本日のドル円相場の予想

***

◆昨日のチェック項目◆

・🇺🇸8月製造業受注

(結果:0% 予想:+0.2% 前回:-1.0%)

・🇺🇸8月耐久財受注

(結果:-0.2% 予想:-0.2% 前回:-0.2%)コア(結果:0.3% 予想:0.2% 前回:0.2%)

・🇺🇸8月JOLT雇用動態調査

(結果:1005.3万人 予想:1108.8万人)

・FRB当局者の発言

(ニューヨーク連銀ウィリアムズ総裁発言)

「政策金利はまだ景気抑制的な領域に達しておらず、政策引き締めの道のりは先がかなり長い」

(FRBジェファーソン理事発言)

「われわれはインフレ高進への対応で大胆に行動してきた。今後もさらなる必要な措置を講じることにコミットしている」「私も同僚も、インフレ率を2%に戻す決意だ」

(サンフランシスコ連銀デーリー総裁発言)

「失業率が高くなるのはやむを得ないが、金利が4.5%は妥当なレンジだと考える」
***

◆昨日のドル円相場の特徴◆

4日(火)のドル円は昨日同様、上昇と急反落を見せました。

・北朝鮮による日本上空を通過する弾道ミサイルの発射(リスク回避の円買い圧力上昇)

・🇺🇸金利低下(ドル売り圧力上昇)

これらが重石となりドル円は日本時間の午前に144.41円まで下落しました。

しかし、日経平均株価の大幅上昇が好感され短期筋のショートカバーが反応。為替市場の背景に日米金融政策格差(ドル買い・円売り)もある事からドル円は日本時間昼に144.91円まで上昇しました。

伸びが強かったドル円ですが心理的節目である145円を超える事はできませんでした。

・日銀の為替介入に対する強い警戒感

を背景に、欧州時間から米国時間にかけてショート要因が増えていきます。

・ドル円が145円に近づくにつれてショートポジションが増大。

・🇺🇸金利低下に伴うドル売り圧力の上昇

(🇺🇸10年債利回りは3.56%まで急低下)

・🇺🇸労働省が発表したJOLTS労働力調査が市場予想を大きく下回る結果

(結果:1005.3万人 予想:1108.8万人)

・心理的節目144円を割った事による短期筋のロスカット

これらが要因となり、ドル円は米国時間午後にかけて143.90まで急落しました。

***

◆今日のチェック項目◆

・🇺🇸MBA住宅ローン申請指数

・🇺🇸9月ADP雇用統計

・🇺🇸8月貿易収支

・🇺🇸9月総合PMI

・🇺🇸9月ISM非製造業景況指数

・アトランタ連銀ボスティック総裁講演

***

◆本日のドル円相場の予想◆

詳しい情報はディスコードで共有しております。本日もドル円のアップサイドリスク並びにダウンサイドリスクに注意していきましょう。

ディスコードは有料会員サービスとなります!

YSと投資を学ぶニュースレター

・投資の学び方が見つかる!
・過去の記事も読み放題
・毎週届き、いつでも配信停止可
・読みやすいレターデザイン
[2022.11.30]不安定な動きが続くドル円。本日のパウエル議長講...
誰でも
[2022.11.26]FRB当局者怒、涛のタカ派発言によりドル円急上...
誰でも
[2022.11.28]先週(11/21 - 11/25)の振り返りと...
誰でも
[2022.11.25]感謝祭でもボラティリティの高いドル円。ブラック...
誰でも
[2022.11.24]PMI予想下回り。FOMC議事要旨もハト派色を...
誰でも
[2022.11.23]🇺🇸格付会社ムーディーズが利下げ時期を示唆。現...
誰でも
[2022.11.22]FRB当局者のタカ派スタンスにドル需要高騰。1...
誰でも
[2022.11.21]先週(11/14 - 11/18)の振り返りと...
誰でも