[2023.1.11]ボウマン理事の強気なタカ派発言も動じないドル円。市場は既に12月CPIショックに向けて警戒モードか?

❶ ゴトー日の影響によりドル円は132.22円まで上昇するも公表相場決定後は実需のドル売り円買いにより131.40円まで値を下げる
❷ スウェーデン中銀主催のシンポジウムでは、パウエル議長から目立った発言見られず
❸ ボウマン理事からかなり強気のタカ派発言見られるも、ドル円の動きは限定的
❹ 12月CPIショックに向けて警戒感強まる
YS@Investor and Trader 2023.01.11
誰でも

目次

  • 昨日のチェック項目

  • 昨日のドル円相場の特徴

  • 今日のチェック項目

  • 本日のドル円相場の予想

***

◆昨日のチェック項目◆

・パウエル議長発言

目立った言及特になし

・ボウマン理事よりタカ派発言

「追加利上げが必要になると予想している」「しばらくの間、ピーク金利を維持する必要性がある」

***

◆昨日のドル円相場の特徴◆

10日(火)のドル円は下落を持ち直す展開となりました。

・日銀金融緩和の修正観測

・米金利低下に伴うドル売り圧力の上昇

・ゴトー日における公表相場決定後の実需面でのドル売り・円買い

これらが材料となり、ドル円は131.40円まで値を下げました。

欧州時間からは、スウェーデン中銀主催のシンポジウムでパウエル議長や黒田総裁の発言に注目が集まります。

・米金利上昇に伴うドル買い圧力の上昇

・短期筋のショートカバー

これらがドル円反発の支援材料となり、米国時間の朝方にかけて132.48円まで上昇。

シンポジウムではパウエル議長や黒田総裁からは目立った発言は見られなかったものの、FRBメンバーのボウマン理事からは、かなり強気のタカ派発言が見られました。

ボウマン理事:「追加利上げが必要になると予想している」「しばらくの間、ピーク金利を維持する必要性がある」

これによりドル買い圧力は上昇するも動きは限定的なものになります。

市場は12日発表の12月CPIを警戒しているかのような動きを早くも見せています。

***

◆今日のチェック項目◆

特になし

***

◆本日のドル円相場の予想◆

詳しい情報はディスコードで共有しております。ディスコードは有料会員サービスとなります!

YSと投資を学ぶニュースレター

・投資の学び方が見つかる!
・過去の記事も読み放題
・毎週届き、いつでも配信停止可
・読みやすいレターデザイン
[2023.2.3]ドル円は冴えない動き継続中。本日の雇用統計発表でト...
誰でも
[2023.2.2]パウエル議長はタカ派スタンスを見せるも市場は事前予...
誰でも
[2023.2.1]本日FOMC発表日。パウエル議長の発言に要注目!
誰でも
[2023.1.31]令和臨調の提言で下落を強めるもWSJがFOMCタ...
誰でも
[週報]先週の振り返りと今週の戦略
誰でも
[2023.1.27]ドル円、早くも来週FOMCを意識した調整相場か?...
誰でも
[2023.1.26]🇦🇺第4四半期消費者物価指数が33年ぶりの高水準...
誰でも
[2023.1.25]PMI好調でドル円大きく上昇するも動きは限定的。...
誰でも