インフレピークアウト説を覆したCPI結果。ドル円は僅か1時間で2.8円上昇!(2022/9/13)

無料読者並びに有料読者にお届けする情報詳細ドル円為替をメインに世界で起きているドル円の動きを取り巻く情報をまとめた日報をお届け!
YS@Investor and Trader 2022.09.14
誰でも

目次

  • 昨日のドル円相場の早見表

  • 昨日のチェック項目

  • 昨日のドル円相場の特徴

  • 今日のチェック項目

  • 本日のドル円相場の予想

***

◆昨日のドル円相場の早見表◆

❶ CPIの予想を上回る結果に🇺🇸金利が大きく反応(上昇)。株価は全面安。ドル円は一時144.68円まで上昇

❷ 上記要因に伴い、ユーロドルは再びパリティ割れ。ドルは引き続き世界需要を高める

❸ CPI予想を上回った事で、FRBはインフレ鎮静化に向け今以上に積極的になると予想(CMEグループは次回FOMCで1%の利上げを観測)

***

◆昨日のチェック項目◆

・🇺🇸8月消費者物価指数

(結果:8.3% 予想:8.1% 前回:8.5%)

コア

(結果:6.3% 予想:6.1% 前回:5.9%)

***

◆昨日のドル円相場の特徴◆

13日(火)のドル円はCPIの発表をきっかけに大幅上昇となりました。

先週開催された財務省、金融庁、日銀による3社会合の実施、黒田総裁を始めとした本邦当局者の円安牽制発言により、

✔︎ 🇺🇸金利低下に伴うドル売り圧力の上昇

(米インフレピークアウトしたのではないかという期待から米金利低下。米ドル売り圧力が上昇する流れ)

✔︎ 🇪🇺経済指標の好評が続いた事、次回(10/27)のECB理事会で大幅利上げが観測されている事

(欧州債利回り上昇→ドル経由のユーロ買い圧力の上昇)

✔︎ 🇪🇺エネルギー価格上昇におけるエネルギー機器が緩和

(欧州委員会のフォンデアライエン委員長が、9/14にエネルギー危機に対応する5項目の計画を発表するとの報道が入る)

上記の点から、ユーロの出戻りを中心にドルが売られ、米国時間の朝方にドル円は141.85円まで下落しました。

しかし!!

✔︎ 🇺🇸8月消費者物価指数(結果:8.3% 予想:8.1% 前回:8.5%)

✔︎ 🇺🇸8月消費者物価コア指数(結果:6.3% 予想:6.1% 前回:5.9%)

これら2つのインフレ指標が予想を上回り、予想外のインフレ加速を示しました。

(日本時間では、インフレがピークアウトしてると思う人が多かった為、そのインパクトは強烈でした)

これにより米長期金利は急上昇。10年債利回りは記録更新。3.44%まで上昇。為替市場はドル全面高に姿を変えました。(CPI発表前後、1時間程度で2.83円も急騰)

同時に株式市場は全面安となります。資産現金化需要の高まりによるものです。

(株式市場を中心にリスクアセット大暴落→資産現金化需要の高まりでドル買いが再開)

流石にこの動きはショート勢の大規模なストップBUYを呼び込み、この流れもドル円上昇の支援材料になったと考えます。

ドル円は再び144円後半を推移する運びとなりました。

***

◆今日のチェック項目◆

・🇺🇸8月生産者物価指数

***

◆本日のドル円相場の予想◆

現在、ドル円はレジスタンスラインが無い青天井状態です。

リアルタイムに近づけるため、しばらくはディスコードにて共有させていただきます。本日もドル円のアップサイドリスクに注意していきましょう。

詳しくはディスコードにて!!

(ディスコードは有料読者専用のサービスになります)

YSと投資を学ぶニュースレター

・投資の学び方が見つかる!
・過去の記事も読み放題
・毎週届き、いつでも配信停止可
・読みやすいレターデザイン
歴史的大相場。1日で2円急伸するも5.5円の大急落。(2022/9/2...
誰でも
FRBは予定通りFF金利を75bp上昇。どうなる日銀金融決定会合?(2...
誰でも
ドル円、数日間続いた142.50円〜143.50円のコアレンジ相場を上...
誰でも
方向性が見出せないドル円。水曜日が分岐点か?(2022/9/19)
誰でも
【週報】先週(9/12 - 9/16)の振り返りと今週(9/19 - ...
誰でも
日米欧のそれぞれの立場がドル円の方向性を鈍らせる。(2022/9/15...
誰でも
ドル円高値から2.5円急落。日本は為替介入できるのか?(2022/9/...
誰でも
142円の下値堅さと再突破しづらい143円の壁。CPI結果待ち。(20...
誰でも